▲TOPへ戻る

「Nikon Z5 + FTZⅡ」で、一眼レフのDXレンズを使う

Nikon z5(フルサイズ)+ FTZⅡ で一眼レフのDXレンズ(APS-C)を使う

NikonのAPS-Cの一眼レフから、ミラーレスのフルサイズにステップアップしたという方も多いはず。 でも、APS-Cのレンズをミラーレスフルサイズで使うことができるのか わからないかもしれません。

結論から言うと、 Nikon z5(フルサイズ)+ FTZⅡ で一眼レフのDXレンズ(APS-C)を使うことができます。 ですから、せっかくのレンズ資産を生かすためには、FTZⅡが必須です。

ただし、メリットデメリット があるので紹介したいと思います。

メリット

設定なしでそのまま使える

メニュー画面から、FXからDXへみたいな設定は一切必要なく、そのまま装着するだけで使えます。

APS-Cの軽いレンズが使える

フルサイズのミラーレスでも600gちょっと。それにフルサイズのレンズを付けると1㎏を超えることも。 DXレンズなら小型軽量なので、FTZⅡをつけてもそれほど気になりません。 やはり、軽さは正義です。

APS-Cは望遠が得意

APS-Cからフルサイズに乗り換えて、一番思うことは望遠が足りない。 でも、フルサイズの望遠レンズは高すぎる。 でも、APS-Cのレンズを使えば、フルサイズの1.5倍。 フルサイズ換算で、300mmなら、300×1.5で、450mm まで撮ることができます。

デメリット

画素数が落ちる

Z5をDXフォーマットで使用した場合、はみ出した部分はカットされてしまうので、 約1000万画素(3936×2624)になってしまいます。

つまり、トリミングしたような結果になってしまいます。

作品例

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

ネコ ネコ キャンパス キャンパス

AF-P DX NIKKOR 70-300mm

蓮 ネコ キャンパス キャンパス
ロリポップ!レンタルサーバーロリポップ レンタルサーバー SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)|無料カウンセリング予約 侍エンジニア

まとめ

  1. Nikon z5(フルサイズ)+ FTZⅡ で一眼レフのDXレンズ(APS-C)を使うことができる
  2. メリット
    1.設定なしでそのまま使える
    2.APS-Cの軽いレンズが使える
    3.APS-Cは望遠が得意
  3. デメリット
    1.画素数が落ちる(約1000万画素)

こんな記事も読まれています。

profile

カメラ好きなガオ

ニコン派。持ってるカメラはニコンd3400とnikon1のJ5。入門機だけど十分いい写真が取れます。

サイト内検索👇