▲TOPへ戻る

写真のアスペクト比 「3:2」 「4:3」 「16:9」 「1:1」 特徴とおすすめポイント

アスペクト比とは?

アスペクト比とは、画像の縦横比のこと。 一般的な比率は、デジタル一眼レフカメラの3:2、コンパクトタイプのデジタルカメラが4:3。 最近のデジタルカメラは、アスペクト比を切り替えることができる機種も。 スマートフォンでは、iPhoneが3:2、アンドロイドでは4:3や16:9が選べる機種もある。

アスペクト比の代表的なもの。

アスペクト比
アスペクト比
アスペクト比
アスペクト比

以下はNikonの画像編集ソフトCapture NX-Dのトリミング処理の選択オプション。 いろいろあって悩んでしまう。

アスペクト比

以下、それぞれの特徴について解説していきます。

3:2

アスペクト比

特徴

  1. もっとも一般的で、バランスの取りやすい比率
  2. 人間の視野に近いため、落ち着きがあるバランス
  3. ほとんどのカメラでの初期設定がこの比率
  4. ハガキに近い比率でポストカードや年賀状の印刷にも適している。
point

写真を撮るならこの比率がおススメ!

4:3

アスペクト比

特徴

  1. デジカメやスマホの写真の比率
  2. 少しどっしりした感じ
  3. 被写体を中央に寄せるとまとまる感じ

16:9

アスペクト比

特徴

  1. 横長なことでパノラマ感がでる
  2. 広い範囲を写すことができる
  3. 映像関連で多く使われている
point

ダイナミックな風景写真を撮りたい時におススメ!

1:1

アスペクト比

特徴

  1. Instagram でよく使われている
  2. シンプルでコンパクト
  3. 人物や花などの被写体を主張できる
  4. 縦横比率が同じなので構図の自由度は低い

まとめ

  1. 3:2 : 写真を撮るなら一番無難な比率
  2. 4:3 : ちょっとどっしりしている
  3. 16:9 : ダイナミック、パノラマ感
  4. 1:1 : Instagramで使われる

こんな記事も読まれています。

profile

カメラ好きなガオ

ニコン派。持ってるカメラはニコンd3400とnikon1のJ5。入門機だけど十分いい写真が取れます。

サイト内検索👇