▲TOPへ戻る

【javascript】簡単なタイピングゲームの作り方

タイピングゲーム
サイト内検索

以下のようなタイピングゲームを作ってみましょう! 文字を入力してみてください。

kyouha ii tennkidesu ne

サイト内検索

HTML

  <div class="content-box">
    <p class="text">kyouha ii tennkidesu ne</p>
    <p class="jp">今日はいい天気ですね</p>
  </div>

CSS

文字の装飾

  /* テキスト初期表示 */
  .content-box .text {
    font-size: 2.5em;
  }
  .content-box .text span {
    transition: all .3s ease; /* アニメーションをなめらかに */
  }
  /* 正しい文字を打った時 */
  .content-box .text span.addBlue {
    color: blue;
    font-size: 0.5em;
  }
  /* 間違った文字を打った時 */
  .content-box .text span.addRed {
    color: red;
  }

文字の下の点滅するバー

  .content-box .text span {
      position: relative; /* これをお忘れなく */
    }
    /* activeがついている文字の下に表示 */
    .content-box .text span.active::before {
    content: "";
    position: absolute;
    left: 0;
    bottom: 0;
    height: 2px;
    width: 100%;
    opacity: 0;
    background: #17a2b8;
    animation: blink 1s ease-in-out infinite;
  }
  @keyframes blink {
    50% {
      opacity: 1;
    }
  }

javascript

一文字ずつ分割

  // クラス(text)を取得
  const text = document.querySelector(".text");
  // テキストを1文字ずつに分割
  const textSplit = text.textContent.split("");
  // 初期文書を消去
  text.textContent = "";
  textSplit.forEach((span) => {
    // 文字はspanに格納、空白はしない 
    if (span === " ") {
      let nospan = `${span}`;
      text.innerHTML += nospan;
    } else {
      let spanTag = `${span}`;
      text.innerHTML += spanTag;
    }
  });

文字だけspanタグに格納されました。

タイピングゲーム

spanを取得し、配列に変換

  // querySelectorAllで取得されるのはNodeListなので配列に変換
    const char = Array.from(
    document.querySelectorAll(".content-box span")
  );

キーダウンした時の処理

  // 文字下の点滅するバーを表示するためのクラス 
  char[0].classList.add("active");

  //  キーダウンをしたときの処理
  document.addEventListener("keydown", keyDown);
  
  function keyDown(e) {
    // 配列の1番目が存在するとき
    if (char[0]) {
      //  押したキーと1文字目がマッチした時  
      if (e.key === char[0].textContent) {
        char[0].className = "addBlue";  // クラス付与、文字を青にし小さくする
        // 2文字目が存在するとき
        if (char[1]) {
          // 次の文字の下のバーが点滅
          char[1].className = "active";
        }
        // 1文字目を配列から削除
        char.shift();
      } else {  //  押し間違えた時
        char[0].className = "addRed active";
      }
      //  配列から文字がすべて削除された時
      if (!char[0]) {
        setTimeout(() => {
          text.style = "font-size:2em; color: red; font-weight: bold;";
          text.textContent = "Finished!!";
        }, 100);
      }
    }
  }

まとめ

  1. 一文字ずつ分割し、spanに格納
  2. キーダウンで正誤により、クラスを追加
  3. 正確なタイプとミスタイプをカウントするなど、バージョンアップする必要あり。

こんな記事も読まれています。

profile

パソコン好きなガオ

コロナ禍によるステイホームを機にプログラミングを学ぶ。パソコンに関してはプロではないが、ちょっと詳しい程度。<

パソコン

javascript

カメラ

ブログ

サイト内検索👇