▲TOPへ戻る

【python】超基礎 四則計算の方法 javascriptと比較

疑似要素
サイト内検索

四則計算

足し算

  print(1+2)
  # 結果  => 3

引き算

  print(3-1)
  # 結果  => 2

  print(2-3)
  #結果 => -1

掛け算

*(アスタリスク)を使います。

  print(3*2)
  # 結果  => 6

割り算

/(スラッシュ)を使います。

  print(4/2)
  # 結果  => 2.0

( )優先的に計算

 print((200+300)/5)
  # 結果  => 100.0

余り

%を使います。

  print(10 % 2)
  # 結果  => 0 

  print(10 % 3)
  # 結果  => 1

べき乗

**を使います。

  print(2 ** 3)
  # 結果  => 8 

  print(2 ** 5)
  # 結果  => 32

javascriptと比較

出力の仕方が違うだけで、計算方法は同じですね。

  console.log(1+2);
    // 結果 => 3
  console.log(3-1);
    // 結果 => 2
  console.log(2-3);
    // 結果 => -1
  console.log(3*2);
    // 結果 => 6
  console.log(4/2);
    // 結果 => 2
  console.log((200+300)/5);
    // 結果 => 100
  console.log(10 % 2);
    // 結果 => 0
  console.log(10 % 3);
    // 結果 => 1
  console.log(2 ** 5);
    // 結果 => 32  

こんな記事も読まれています。

profile

gaoさん

パソコン好きなガオ

コロナ禍によるステイホームを機にプログラミングを学ぶ。パソコンに関してはプロではないが、ちょっと詳しい程度。<

サイト内検索👇