▲TOPへ戻る

【javascript】よく使う演算子の使い方 "++", "--", "+=", "-=", "%", "&&", "||"

array

++ 加算演算子

Click
0
  let number = 0;
  button.addEventListener("click", function () {
    number++;   //  クリックごとに1が加算される
    // number = number + 1;   と同じ
  });

-- 減算演算子

Click
60
  let number = 60;
  button.addEventListener("click", function () {
    number--;   //  クリックごとに1が減算される
    // number = number - 1;   と同じ
  });

+= 加算代入

Click
0
  let number = 0;
  button.addEventListener("click", function () {
    number += 5;    //  クリックごとに5が加算される
    // number = number + 5;   と同じ
  }); 

要素を足していくことも可能です。

 button.addEventListener("click",()=>{
    boxWrapper.innerHTML += '<div class="box"></div>';
  }) 

-= 減算代入

Click
60
  let number = 60;
  button.addEventListener("click", function () {
    number -= 5;    //  クリックごとに5が減算される
    // number = number - 5;   と同じ
  }); 

% 剰余演算子

  console.log(11 % 3);  // => 2

ストップウォッチ等を作る時に使います。

Date.now() 0000000000
Date.Now % 60000 / 1000
(小数点以下切り捨て)
00
マイクロ秒 Date.Now % 1000 00

参考

js
【javascript】Date.now() メソッドとは?このメソッドを使ってできること

&& AND演算子

二つの条件を満たせばtrue、満たさなければfalseが返ってきます。

  const looks = 'ok';
  const money = 'ok';
  console.log(looks === 'ok' && money === 'ok');  //  => true

|| OR演算子

二つの条件のうち、どちらか一方を満たせばtrue、どちらも満たさなければfalseが返ってきます。

  const looks = 'ok';
  const money = 'no';
  console.log(looks === 'ok' || money === 'ok');  //  => true

&& と || を活用

ルックス && お金 どちらもある => “結婚する”
ルックス || お金 どちらか一つ => “考える”。
ルックス お金 どちらもNO => “結婚しない”。

ルックス
お金
決断
  if (looks == "ok" && money == "ok") {
    console.log("結婚する");
  } else if (looks == "ok" || money == "ok") {
    console.log("考える");
  } else {
    console.log("結婚しない");
  }

こんな記事も読まれています。

profile

gaoさん

パソコン好きなガオ

コロナ禍によるステイホームを機にプログラミングを学ぶ。パソコンに関してはプロではないが、ちょっと詳しい程度。<