▲TOPへ戻る

【javascript】要素があるかないかを判定する方法

  

以下の要素が存在するとします。

    <div class="ele"></div>
    <div class="ele"></div>
    <div class="ele"></div>

「要素 != null」 で判定

!=は「そうでなければ」という意味

nullは「存在しない」という意味

要素 != null ⇒ 要素が「存在しない」ということが「なければ」 ⇒ つまり、「存在すれば」という意味になります。

ま、回りくどい(汗💦)

console.logで確認

    let ele = document.querySelector(".ele");    
    console.log(ele[0] != null)
    console.log(ele[3] != null)

ele[0]は存在するので、trueが返ってきます。

ele[3]は存在しないので、falseが返ってきます。

要素

これで、存在すれば処理され、存在しなければ処理されず、エラーになることはありません。

 for (let i = 0; i < ele.length; i++) {
    if(ele[i] != null){
        //処理を書く
    }               
 }
point

要素があるかないかは 「要素 != null」 で判定する。

あれば、true が返ってくる。

なければ、false が返ってくる。

profile

パソコン好きなガオ

コロナ禍によるステイホームを機にプログラミングを学ぶ。パソコンに関してはプロではないが、ちょっと詳しい程度。<