【HTML】見出しタグのh1~h6について SEOにも影響?

見出しタグとは?

読んで字のごとく「見出しを表すタグ」のことです。<h1>から<h6>までの6段階があります。

見出しタグの数字が小さいほど、SEO的には重要になってきます。

HTMLのコードとブラウザでどのように表示されるか見てみましょう。 HTMLのみで、CSSはあてていませが、数字が大きくなるほど見出しの字が小さくなります。

見出しタグ h1~6

見出しタグh1~6の使い分け

一つの記事にh1は一回しか使えない。

h1を複数使っていると、bingのウェブマスターSEOアナライザーでエラーがでます。

見出しタグ h1~6

論理的に使う

本に例えると、h1は本のタイトル、h2は各章、h3は各章の中の見出しになります。都合がいいからといって、順番がバラバラにならないようにしましょう。 基本的にh4~h6を使う機会は少ないでしょう。

見出しタグ h1~6

見出しタグだけのページにならないようにする

見出しタグは見出しであって、pタグや画像を使って、内容のある記事を書きましょう。

まとめ

見出しタグh1~h6について解説しました。SEOにも影響を与えますので、基本を守って使うようにしましょう。

見出しタグの数字が小さいほど、SEO的には重要に

一つの記事にh1は一回しか使えない。

論理的に使う

見出しタグだけのページにならないようにする

profile

gaoさん

パソコン好きなガオ

コロナ禍によるステイホームを機にプログラミングを学ぶ。パソコンに関してはプロではないが、ちょっと詳しい程度。<