ホームページの共通パーツを一括編集。PHPの知識不要。

前回の記事で、PHPのローカル環境をXAMPPで整えました。

XAMPPの設定

今回はホームページの共通パーツをPHPで書き、それをHTMLで読み込む方法を解説していきます。

共通パーツをPHPファイルにする

「HTML」の中の共通パーツを切り取る。

XAMPPの設定

拡張子をPHPにしたファイル(header.php)を作り、そこにコピペ。

XAMPPの設定

すべてのリンクのあたまに「 <?php print $path;?> 」を加える

XAMPPの設定

このファイルを一番上の階層のフォルダに入れる。(どこでもいいですが)

XAMPPの設定

「HTML」の書き換え

HTMLで先ほど切り取った部分に以下を記述します。

<body>
<?php $path = "./"; include(dirname(__FILE__).'/header.php'); ?>
</body>

階層が違う場合

「Home」ページの「index.html」と「header.php」は同じ階層にあるので大丈夫ですが、違う階層にあるファイルにアクセスする場合は、もうひと手間かかります。

一つ下の階層のファイルには「../」を加える。

<body>
<?php $path = "../"; include(dirname(__FILE__).'/../header.php'); ?>
</body>

二つ下の階層のファイルには「../../」を加える。

<body>
<?php $path = "../../"; include(dirname(__FILE__).'/../../header.php'); ?>
</body>

このように記述すれば、どの階層からリンクできます。

まとめ

PHPの知識が全くなくても、この手順通りに記述すれば、PHPで共通パーツを管理することができ、ウェブの管理がグッと効率よくできるようになります。

1. 共通パーツをPHPファイルにする。

2. 共通パーツの部分に
「<?php $path = "./"; include(dirname(__FILE__).'/xxxxxx.php'); ?>」 と記述。

3. PHPファイルにリンクがある場合は、リンクの前に
「 <?php print $path;?> 」と記述。

4. 階層が違う場合は「../」を加える

profile

gaoさん

パソコン好きなガオ

コロナ禍によるステイホームを機にプログラミングを学ぶ。パソコンに関してはプロではないが、ちょっと詳しい程度。<